ロータリーは世界をつなぐ

ポール・ハリスは、1905年にシカゴの索漠たる大都会の中で人の暖かさを求め、3人の友と会合を持ちました。 それは、会員の一人一人が“まずは親睦を深め”、“次に職業上の相互扶助を図り”、それによって自分達が良くなるばかりでなく、自分達が暮らす地域社会も一緒に良くしていこうと、“それぞれの職業を通して奉仕する”というロータリーの始まりでした。このロータリーは、奉仕の理想を高く掲げ、世界に広がり今日まで続いています。

白河西RC事務局

お問合せ